とちぎやさんのご協力で手作り豆腐体験が14日に大盛況のもと行われました。 そして、当日はなんと! J:COM鎌倉さんの『7Days Daily』という番組が取材にきてくださいました!

【 7Days Daily 公式ホームページ Facebookページ

DSC_2529

また、テレビカメラの取材ということで、緊張感が漂うかなと、多少の心配は事前にあったのですが、いざ始まってみると一度もそんな雰囲気を感じることはありませんでした。あとから振り返ると、それは、取材に来てくださった吉田さんの子ども達をやさしく見守ってくださる温かい眼差しやさりげなく撮影する吉田さんの配慮のおかげだったのかなと思います。不思議な魅力を持った方で子ども達にも大人気でした☆

DSC_2950

『7Days Daily』で放送された実際の映像です(^O^)/

学校では習わないことが、そこにはある。

この問題解ける人いるかな、、、、
【問1】
  (大豆+水)×熱 = ????

【答1】
(大豆+水)×熱 = 豆乳 + おから

【問2】
豆乳 + ???? = 豆腐

【答2】
豆乳 + にがり = 豆腐

こんな方程式、学校では習わないよね。
でも、豆腐屋さんでは当たり前なんだな。

それが14(日)の手つくり豆腐体験に参加した人には解ける。

学校では習わないことが、そこにはある。

豆乳は液体、そこにニガリを入れて豆腐という固形になる。
「豆腐」はそこから始まる。
言わば、一番鮮度の良い豆腐は、豆乳にニガリを入れて固まった瞬間。そこから「豆腐」としての時間が始まり、経過すれば鮮度が落ちるという言われる。

つまり、現場で食べた出来たての豆腐というのは、「豆腐」としてこの世に命を授かった瞬間の食べ物。

究極の豆腐がそこにはあった。

固まるか固まらないか、成型されたら「豆腐」になるその瀬戸際。
成型した豆腐をキレイに整形し、それを販売し生計を立てる。

ユーモアが伝わらなかった人の為に、もう一度。
整形した豆腐を整形し、それを販売することで生計を立てる。

笑いの方程式がココにはなく、どこに行けばその方程式があるのか。広い世の中にはまだまだ沢山知らないことがある。

来年は2月に畑にほうれん草を食べに行こう。
そこには、みんなの笑った顔を待ちわびるお爺ちゃんがいるよ。

文/中川雅博

当日の様子をまとめたスライドショーです(^O^)/

12月14日にとちぎやさんでおこなわれた「豆腐作り体験」の体験談および感想をいただきました。食育基本法に『国民の食生活においては、(中略)「食」に対する情報が社会に氾濫する中で、人々は、食生活の改善の面からも、「食」の安全の確保の面からも【自ら】「食」のあり方を学ぶことが求められている』とあります。情報が多すぎて、国的にはもう把握できませんから、自分たちで「食」のことよーく考えてくださいねとも取れるこの一文。私たちの体は食べたものからできている。自分が本当に食べたいものって何なのだろう。自分の体が本当に必要なものって何なのだろう。今回、いまにも発芽しそうな生命力溢れるピカピカ光る大豆を目の当たりにし、手で触り、つぶしてみるとアクの匂いが意外と刺激的だったり、にがりと混ぜるとなんで固まるんだろう、そいえば先月は逗子の海水を煮詰めて塩とにがりを作ったなぁとか、自らの五感を通じて様々なことを体感することができた。そして、この体感こそが氾濫する情報の中から本物や本当に必要なものを選び抜く力の原動力になるものと確信する。文/まさのりっと

There are no comments